[リロード]
BGM : The Way We Were



 除夜の鐘を遠くに聞きながら家路をたどる。
有象無象に囲まれての二年参りで人あたりをおこしたようだ。
 夜気が心地よい。

「あーぁ…」

 誰も聞いていないと思ってふとつぶやいた。

「ジジくっさ〜」

 驚いて声のする方を見ると、
夜目にも鮮やかな赤い車の窓が下りて、白煙が流れた。

「何してんだよ」

 訪ねる白川に憮然として答える緒方。

「一服」

 …勿論一本という意味ではないようだ。

「路駐してると引っ張られるぞ」

 にらんでみるが鼻先でせせら笑う。

「ヤツラに追いつけるもんか」

 …んだとぉッ?!
 違法改造してるんじゃないだろなッ?

「実証してやる。乗れよ」
「馬ァ鹿、ボクはこれから寝るんだ」
「ぁに〜?」
「一日若い連中に引きずり回されてくたびれてんだ。
 すぐにも布団を引っかぶって寝たい気分」

 不満そうな顔して見せたってだめ。
 酔っぱらい運転に便乗してなるものか。

「折角待っててくれたんだから…ウチに寄ってくれれば
 お茶くらいご馳走するけど?」
「いるか…ッ」

 エンジンをかける緒方。

「待てよ…!」

 畜生ッ…また敗けだ…。

 閉まりかけた窓に白川は手を挟む。

「痛ッ」

 窓を下げ、我が意を得たりの顔で緒方、

「何だ」

赤い筋のついた手に舌を伸ばす。

「他にもゴチソウがあるのか?」

 その細い顎を捉え、顔を寄せ、白い息だけで薄い唇に
誘惑を注いでみる。

「キミの好物…
 キミの好きなだけ…食べさしたげる」




[〜つづく〜]

[本宅B1]



[TOPに戻る]

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス